修理に【ムダな費用】を掛けていませんか?

プチ・ヒント№5

【プチ・ヒント№5】正しい操作方法


市内の某洋裁教室での事です。

生徒さんの数が多い事と、やや年配者が多いとの理由から

コチラの教室ではご自分のミシンを家から持ち込み、

ソレを使用をする事が可能です

(生徒数の割には教室のミシンだけでは足りない、

最新式のミシンよりも ご自分の慣れたミシンの方が

スムースだ、との事由の様です)。

ご自宅からミシンをお持ち込みの

?60代?70代と思しき女性から

「私のミシンは年がら年中、糸が絡んでばかりだ」との

お話を承りました。

早速ミシンの状態を拝見させて頂きました。

すると、、、

上糸の掛け方が間違っている

下糸のセットも違う、使用するボビンも違う
 
 様々な種類の糸をボビンに3重巻をしている

➌針の取り付け不備、針先が潰れている

➍縫い目の長さが常に2のまま

50番の木綿糸で裏地を縫おうとする

➏釜内部がゴミだらけのまま使いっぱなし

➐ナゼかフットコントローラー(ペダル)を
 
 上下逆さまに踏む!

➑縫い終わって生地を引き出す時に、
 
 プーリー(はずみ車)を逆回転をさせてから
 
 生地を引き出す

その他、操作の間違いは、まだまだあったけど、

余りに多くて(呆れて)忘れてしまいました。

ご本人曰く、

「買った時に、ミシン屋からこういう使い方だと説明を受けた」

「今まで故障もせずに使えたンだから、操作は正しいと思う」

「曲がりなりにも縫えるンだから、イイじゃないか」と
 
大声で我を張ります。

流石に先生もコノ生徒さんの発言を聞きとがめ、

「〇〇さん、機械はキチンと使わないとダメでしょう!

 縫い方は私が指導をするけど、
 
 今日は折角ミシン屋さんに来て頂いているンだから、
 
 ミシンの使い方も正しく指導して貰いなさい!!」と
 
 キビシイお叱りです。
 
叱られた生徒さんは、シュンと大人しくなり素直に

聞く耳をお持ちの態度でした。


その後は、長々と使用方法の説明と

ついでに釜の掃除の仕方等を、他の生徒さん達も一緒に

実演共々説明をして帰ってきました(ヤレヤレです)。



教訓 

正しい操作正確な使用方法定期的な手入れ等は
 
面倒がらずに覚えましょう。
 
それが機械をスムースに扱い

ストレスなく使うコツです。

 急がば回れですが、今一度ご自分のミシンの
 
 正しい使い方を説明書メーカーのサイト

 ・ミシン店等で確認をしてみてください。

一例)a:ミシン糸を所定の場所に設置をしたら、

       キャップ糸駒押さえ)を糸の大きさに合わせ
     
     且つ正しい向きにセットをしていますか?

   b:下糸をセットする際に、
   
     正しい向き(回転方向)にセットをしていますか?
  
   c:ボビンに異なる色の糸を二重、三重に

     巻いたりしていませんか?
  
   d:特にB社とS社の旧型ミシンは、
 
     ボビンが現行タイプと異なる事をご存知ですか?
  
   e:生地により縫い目の長さを調節していますか?
  
その他、トニカクミシンの基本操作、機械としての

正しい使い方だけは正確に身につけましょう。

お気軽にお問い合わせください TEL 札幌:011-777-9204 営業時間:午前10:00~午後6:00(日祝日、年末年始等を除く)

PAGETOP
Copyright © ミシンサポートスタジオWAVE All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.